着物

留袖など和服はレンタルを利用して家計にやさしく

暖かい防寒着

はんてん

日本で使われてきた昔ながらの防寒着に綿入れ半纏があります。綿入れ半纏は文字通り綿を入れたもので、保温性に優れており、また和服なので着用がし易いといったメリットがあります。一方で現在では見た目も良い洋服の防寒着が主流であり、半纏は主に屋内防寒着として使われています。

昔ながらのあったか防寒着

はんてん

江戸時代から庶民に親しまれていた半纏。綿を入れた暖かいものは現代でも利用している人が多く、最近ではおしゃれなものも販売されています。和服や和風のインテリアなどに再注目が集まり、おしゃれで実用的な半纏は若者の間でも人気が広がることが予想されます。

借りることで、気軽に和服

女性

女性も男性も和装のレンタルがあります。観光なども着物で楽しむことができます。レンタルする際は、自分で準備しなければならないもののチェックが必要です。小物なども、気に入ったものがあるかどうか確認しておくと良いでしょう。

畏まった服装

女性

着物を切る場所や機会とは

留袖の種類によって多少の違いはありますが、比較的畏まった場への訪問にはそれに見合った柄、デザインのものを選んでいく必要があります。結婚式や披露宴など、めでたいイベントへの参加はもちろんですが、葬儀や法事等の行事ごとにも黒留袖などが必要になることがあるのです。すでに何着か、着物を持っているという人であればまだいいのですが、そうでない人の場合、その都度衣装の調達に苦労する人も少なくありません。そこで便利なサービスが留袖、訪問着などのレンタルです。レンタルであれば、いちいち着物を購入する必要がありませんし、その分費用負担を減らすことができます。しかも流行りやシーンに合わせてデザインを選択することもできるため、非常にメリットが多いのです。

ネットを活用した方法

さらに最近ではこうした留袖、訪問着のレンタルがネット上で簡単にできてしまうサイトが増えてきています。ネット上のサイトでレンタルしたい留袖を選び、そのまま注文することで自宅まで商品が届けられます。その後、使用が終われば期日までに宅配業者に依頼して返送していきます。多少手間はかかってしまいますが、それでもクリーニングやメンテナンスの必要がないので負担は軽減できます。着物はどうしてもその性質上、管理が難しかったり、保管に場所が必要になりますが、レンタルという方法であればより賢くおしゃれを楽しんでいくことができます。冠婚葬祭やちょっとしたイベント時に、気になる人は是非一度、チェックしてみると良いでしょう。